「蓮教上人の死」

~伝染病で亡くなった~ 

蓮教上人は延徳四年(1492)五月二日に亡くなります。蓮教上人が本願寺に参入したのは文明十三年(1481)ころのことです。参入から十年ほどで亡くなったことになります。わずか四十二歳でした。

上人の死因についてははっきりとしませんが、上人が亡くなったのは疫癘が流行っていた時期にあたっています。

当時この比事外に疫癘とて人死去す

蓮如上人が延徳四年の六月に書いた御文の一節です。

疫癘により、人びとが死んでいったと書かれています。蓮教上人が亡くなるのはまさにこの疫癘により人びとが死んでいった時のことです。上人は四十二歳で亡くなっています。若くして亡くなっていることからするなら、上人が亡くなったことはこの疫癘の流行ということと関係しているように思われます。蓮如上人は近ごろ人びとが亡くなっていると書いていますが、亡くなった人として蓮如上人が思い浮かべた人びとのなかには蓮教上人も含まれていたものと思います。

蓮教上人は若くして亡くなりますが、蓮教上人の妻、恵光尼は割合に長寿を保っています。恵光尼は山科本願寺が焼け落ちたのちに亡くなったと伝えられます。山科本願寺が焼け落ちるのは天文元年(1532)のことです。山科本願寺が焼けた際には、興正寺をはじめ山科の町そのものがことごとく焼けてしまいますが、恵光尼は山科興正寺の焼失後、近江の日野に移り、その日野で亡くなったのだといいます(「興正寺文書」)。

恵光尼については生年が明確でなく、何歳で亡くなったのかは正確には分かりませんが、亡くなったのは蓮教上人と結婚してから五十年ものちのことです。六十歳代の後半か七十歳を超えていたということになります。当時とすれば長寿であったといえます。

本願寺参入後の蓮教上人の動向としては、延徳元年(1489)に本願寺の報恩講の斎に招かれたことが知られますが、このほかのこととしては、上人は中御門宣胤と交流があったことが知られます。

花恩院[経豪山科]磕一荷、雉二番、昆布五把送之

これは中御門宣胤の日記『宣胤卿記』の延徳元年正月十三日条にみえる記事です。花恩院が宣胤に磕、雉、昆布などを送ったと書かれています。花恩院は割注に経豪、山科と書かれています。山科の経豪、すなわち蓮教上人が宣胤に磕などを送ったということです。

花恩院は蓮教上人が佛光寺の住持であった時から名乗っていた院号です。この花恩院の院号は蓮教上人が名乗る以前からあった院号で、代々の佛光寺住持が号した院号です。蓮教上人もそれにならって名乗ったものですが、蓮教上人は佛光寺を出て興正寺を起こしたのちにもこの花恩院を名乗っています。以後、この花恩院の院号は興正寺に受け継がれることになり、蓮教上人よりのちの興正寺の住持は、代々、花恩院を名乗りました。もとの佛光寺は興正寺とその後の佛光寺の二つに分かれますが、佛光寺の嫡流を継ぐのは興正寺だとの思いをもっていたからこそ佛光寺住持の院号である花恩院の号を名乗ったものと思います。

中御門家との公流にしても、中御門家との関係がはじまるのはもとの佛光寺時代のことです。蓮教上人の祖父である性曇上人の娘が中御門宣輔に嫁したのが公流のはじまりです。宣輔の孫が宣胤です。佛光寺ではじまった関係が興正寺へと引き継がれているのです。蓮教上人は佛光寺を出て興正寺を興しますが、佛光寺を出て興正寺を興すといっても、もとの佛光寺とのつながりを断って興正寺を興したのではなく、佛光寺を継承するかたちで興正寺を興したのだといえます。

蓮教上人は、延徳四年五月二日、四十二歳で亡くなりますが、蓮教上人が亡くなった時には蓮如上人は七十八歳です。蓮教上人は蓮如上人より三十六歳の年少です。三十六歳も年少であったその蓮教上人が先に亡くなっていきます。蓮如上人が亡くなるのは七年後の明応八年(1499)のことです。

蓮教上人は蓮如上人からは格別の扱いを受けています。蓮教との法名にしても蓮如との法名から一字が採られ付けられたものです。蓮教上人の影像が描かれた際にも、裏書を書いたのは蓮如上人です。

興正寺開山蓮教真影

裏書には蓮如上人の筆で、そう書かれていたのだといいます(『大谷本願寺通紀』)。

(熊野恒陽 記)